3rdcube(サードキューブ)|暗号資産 (仮想通貨)、ビットコイン、株式投資、FX、資産運用、IPOスケジュール最新ニュース

3rdcube(サードキューブ)

キャッシュレス

Kyash、Kyash VisaカードがApple Payに設定可能に

投稿日:

株式会社Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)が提供する「Kyash」は、本日4月7日よりApple Payに対応します。

Kyash、本日よりApple Pay対応開始

「Kyash」から「Kyash Card Virtual」を発行するとすぐにApple Payへ設定でき、モバイルのみで支払い完結する、スムーズな決済が可能となります。QUICPay+™(クイックペイプラス)加盟店((国内端末数約113万​台*)において非接触決済ができ、全国のコンビニやスーパーなどで日常のお買いものにご利用いただけます。
*2019年12月現在
※Phone7以降・Apple Watch Series 2以降、iOS10.1以上においてご利用できます。

Apple Payとは

iPhone(iPhone7以降)やApple Watchで利用できる決済サービスです。お持ちのクレジットカードなどを設定し、iPhoneやApple Watchを専用端末へかざすだけで、全国の電車やバスへの乗車、実店舗でのお買い物できます。
アプリのダウンロードや発行手数料は不要で、簡単に使い始めることができます。
また、iPhoneやApple Watchを紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定して利用を一時停止、リモートワイプ(遠隔消去)を実行して端末に保管されるApple Pay を含む個人情報の消去、iCloud.com にログインして、Apple Payの支払いを停止など、安全性においても優れています。また、デバイスにカード情報を保存しないため、カード情報漏洩のリスクもありません。

※Apple Pay の詳細は、https://www.apple.com/jp/apple-pay/をご確認ください。
※Apple、Apple のロゴ、Apple Pay、Apple Watch、iPhone、iPad は、米国および他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。iPhone の商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用 されています。

株式会社Kyash

Kyashは、「価値移動」のサービス・インフラを開発・提供するテクノロジー・カンパニーです。個人向けには、ウォレットアプリ「Kyash」と同期して進化した次世代のカード「Kyash Card」を提供。法人向けにはWeb APIを通じて即座にVisaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供しています。
Kyashが目指すのは、人々のライフスタイルに寄り添いながら、人々の価値観や想いが自由に届けられる「新しいお金の文化」を創造することです。Kyashは、新しい価値移動のインフラづくりを通じて、想いを自由に届けられる仕組みを構築しています。

■ 会社概要

会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号
代表者:代表取締役 鷹取 真一
設立:2015年1月23日
資本金:74億2,856万円(資本準備金含む)
主要株主:
Goodwater Capital、Greenspring Associates、Greyhound Capital、Altos Ventures、Partech Partners、Broadhaven Ventures、Tekton Ventures、JAFCO、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、SBI Investment、新生企業投資、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、凸版印刷、等、
業務内容:ウォレットアプリ「Kyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」の運営
登録免許:前払式支払手段(第三者)発行者 関東財務局長 第00698号
URL:https://kyash.co

■本日よりKyash VisaカードがApple Payに設定できるようになりました
URL:https://news.kyash.co/post/614705091004579840/20200407







マネックス証券

-キャッシュレス
-, , , , ,

Copyright© 3rdcube(サードキューブ) , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。